私のおばは箱根で、長年の夢であった雑貨屋さんを経営している。その雑貨屋さんの様子について。

日曜は雑貨屋めぐりを

Yahoo! JAPAN

  •  WEB検索
  •  サイト内検索

日曜は雑貨屋めぐりを

箱根の雑貨屋さんのおば

私のおばは現在、箱根で雑貨屋さんを夫婦で経営しています。それは彼女の長年の夢で、夢が叶い本当に幸せだと話していました。おばは高校卒業後、上京し服飾デザイナーの専門学校へ入学しました。その中で、だんだんと既製服のデザインよりも小物類へと興味が移っていったそうです。卒業後はデパートへと勤務しました。ほとんど事務的な仕事をしていたそうです。その後、結婚し、努力を重ねてお店のオープンへと漕ぎ着けたそうです。

決して広くはない店内ですが、主に観光客の方々が足を運んで下さるそうで、秋の紅葉シーズンなどはおかげさまで忙しくしています。今ではオープンから10年近く経ちました。店内には、タオルハンカチや耳かき、ポストカード、小物いれ、巾着袋など多種多様な小物が所狭しと並んでいます。和風テイストの物が多く、彼女のおばあちゃんが手作りして送った小銭入れなども売っていました。手作りのものは世界に一つだけしかないので、店頭に出すとすぐに売り切れてしまうと言っていました。趣味のいい、彼女の本当に好きな物だけが並んでいる店内にいると、あっという間に時間がすぎて行きます。好きな物に囲まれた店内でゆったりと過ごす時間が本当に幸せだと話していました。

Recommend

Copyright (C)2017日曜は雑貨屋めぐりを.All rights reserved.