雑貨は、洋服の印象などを簡単に変えることができます。自分で利用する場合と、人に贈る場合では選び方が異なります。

日曜は雑貨屋めぐりを

Yahoo! JAPAN

  •  WEB検索
  •  サイト内検索

日曜は雑貨屋めぐりを

雑貨の選び方〜自分で使用する場合と、人に贈る場合

ファッションにおける雑貨とは、衣服ををより魅力的に見せてくれたり、その印象を変えてくれるアイテムのことを言います。たとえばマフラーやネックレス、ベルトや靴などが挙げられ、その種類は多岐にわたります。洋服は決まったデザイン、決まった色です。それを変えようと思えば、洋服そのものを別のものに変えるしか方法はありません。しかし、雑貨を使用することで、簡単、手軽に洋服のイメージを変えることができます。それが、雑貨を使用するとても大きなメリットです。

自分で雑貨を使用する場合、自分の好みに応じて選ばれる方が多いです。しかし好みばかりを優先し過ぎてしまうと、洋服とのバランスが欠けてしまったりします。特に色のバランスは非常に重要です。たとえば、同色系でまとめた場合は、非常に落ち着いた印象が醸し出せます。逆に、たとえば青色の場合は緑や黄色、薄ピンク色などの、反対色を使用すると、それがさし色となってアクセントとなり、非常に目を惹きます。また、洋服のイメージと雑貨のイメージの相性も大切です。カジュアルな洋服には、やはりカジュアルな雑貨の方が相性は良いです。しかし、あえて遊び心を働かせて、一点だけ、アンティークな雰囲気、フォーマルな雰囲気を感じさせる雑貨を使用してみるのも面白いかもしれません。

逆に、プレゼントなどで人に雑貨をプレゼントしようと言う場合、その選び方には注意が必要です。自分が好きだから、良い商品があったからと言って、ピアスの穴を開けていない人にピアスを贈るのは、受け取る側も困ってしまいます。その人が、普段からどんな雑貨を使用しているか、それを把握しておくことが大切です。色やデザインについても、その人の好みを把握しておくと良いですし、『最近、こんな色が気に入っている』とか『こんな雑貨が気になっている』という情報も仕入れておくと、喜んでもらえる雑貨が選べそうです。

Recommend

Copyright (C)2017日曜は雑貨屋めぐりを.All rights reserved.